DIYでビオトープを作って遊ぼう!

2代目の池

ビオトープとは、ギリシャ語の「bios(生物)」「topos(場所)」の合成語で、生物が自然な状態で生息している場所を意味します。

水辺じゃなくてもビオトープと呼んでいいようですが、ちまたでビオトープと呼ばれる小さな池を庭に作りました。

庭にビオトープを作ると多様な生物が住み着いてくれます。

生き物を眺めるのも楽しいですし、鳥や虫などの生き物がやってきたりするのを眺めているのも楽しいです。

最初にビオトープを作るときは、ちょっと骨が折れましたが、作ったあとも楽しいことが続きます。

防水や浄化をどのようにするのか、温度が上がらないようにどう工夫するのか、見栄えよく植物を生やしたり、滝や川の流れをどう作るかなど、日々楽しいことが続きます。

これぞ大人の遊びです。

ゆくゆくはホタルの飛び交う庭を目指していますが、ゴールはかなり先だと感じております。

庭にビオトープを作ろう!水の流れる音を聞きながらメダカなどを観察をして楽しもう
【ビオトープの水不足対策】雨樋をつなげると小雨でもすぐに満水になる!
ビオトープに入れてはいけない生き物の特徴と入れてしまった場合の対策について
ホタルが飛び交うビオトープを庭に作るために必要なことをまとめました