思ったより安かったので憧れのハンモックを買ってバルコニーに取り付けてみました

ハンモックに包まれるて気分がいい DIYで快適生活
この記事は約10分で読めます。

子どもの頃にハンモックに憧れませんでしたか?

少年たち(少女もかな?)の憧れだった、ハンモック

森に行って木にぶら下げて、使ってみたいというあの気持ちを忘れてしまって、はや数十年。

子どもがハンモックが欲しいというので、調べてみると、案外安いのです。

安物はすぐ壊れるかな?まあ、安ければいいや。すぐ飽きてしまうだろうし・・・ということで、これを買いました。

これがなかなかいいんです。

ぶら下がって寝るというのは、思っていた以上に気持ちが良いものです。

もっと早く買っていたらと思いました。

 

購入時に調べてみましたが、似たようなハンモックがいろいろあります。

でも、私は上記のハンモックを3,000円ほどで購入しています。

このハンモックの良かったところです。

  • 2人用(と言っても2人は厳しい。1人用の大きめといったところかな)
  • ロープ付き(ロープが付属していないものも多い)
  • カラビナ付き(取り外しを考えるとカラビナは必須。これも付属してないものが多い)

ロープやカラビナがセットでこの価格というのが素晴らしいです。

ハンモックが届きました

ハンモック一式

届いたハンモックを早速取り付けます。

ハンモック本体ロープが2本カラビナが2個セットになっています。

ロープとカラビナを入れる袋とハンモックを入れる袋も付いていました。

ハンモック取扱説明書

ハンモックの取扱説明書です。

クシャクシャになって入っていました。読めないこともないので、良しとしよう。

ハンモック設置方法

説明書の裏です。

カラー写真とともに取付方法が記載されています。読めないこともないので、良しとしよう。

ハンモック本体

ハンモック本体です。

思っていたイメージよりも大きいものでした。

ハンモック本体を広げると、本体側ロープ部分も含めて最長3,000mm近くあります。

寝る部分は、長さ1,800mmほどなので、たいていの人は収まるでしょう。180cm以上ある人は、足をロープ部分に置けば問題ないと思います。

また、寝る部分の横幅は最大で1,500mmほどあります。といっても寝ると包まれる感じになるので、1,500mmの幅を感じません。

2人用ということですが、2人で乗れないことはないと思いますが、2人が密着しすぎて暑苦しくなります。暑苦しいのが好きな人もいるので、それはそれで問題ありません。

ハンモックの吊元

ハンモックの固定部分はかなり頑丈です。ちょっとやそっとでは壊れないでしょう。セットの中では一番丈夫な部品です。

束ねられたロープの方は頼りない感じがしないでもないです。木綿のような柔らかさを感じます。複数本あるので、問題ないのでしょう。

ハンモックの生地

ハンモック本体の生地はこんな感じです。

思っていたよりも分厚いかな。

夏(少なくとも寒くない時期)にしか使わないと思いましたので、通気性があるものを選びましたが、通気性があるとまでは思いませんね。薄手のシーツという感じでしょうか。汗を吸ってくれる感じでもないですね。そこまでいい素材ではないと思います。

夏にしか使わないので、メッシュタイプのハンモックを買おうかと悩みましたが、足を踏み抜きそうな気もするし、物を落としそうな気もするし、なんとなく布タイプにしました。

ハンモックのロープ

付属のロープ2本が入っています。

柔道の帯のような平たいものが二重に重ねられています。

ビニール製ですが、簡単に切れるようなものではありません。見た目よりも強いと思います。

長さは2.5mはあります。バルコニーには長すぎます。

ハンモックを設置してみました

ハンモックのロープ取り付け

両端に取り付けるロープを固定します。設置と言ってもロープを固定するだけに尽きますが・・・

取り付けて分かりましたが、思っていた以上にハンモックの全長が長いのです。バルコニーに斜めに設置すればいい感じかなと思っていましたが、バルコニーの長手方向に設置して十分なサイズでした。

ちなみに、我が家のバルコニーの長さは3.5mです。3m以上なければ設置は難しいと思います。

ハンモックをカラビナで固定

ハンモックとロープをカラビナで取り付けます。

付属しているカラビナはかなり大きいです。長さ15cmほどのがっしりしたものです。

ハンモックの固定

試しに乗ってみると、縮れていたロープが伸びる感じです。

思っていた以上にハンモックが垂れ下がり、おしりが床に着きました。調整のしどころなのですが、ロープはピンピンに貼った状態で乗ってみるぐらいがちょうどいいようです。

なお、暑いので、すだれをバルコニーの上に設置しています。灼熱の太陽の元でハンモックで寝ると脱水症状を起こすので、水を飲んでから寝ころびましょう。

ハンモック側のロープの固定

ぶら下がっているときのハンモック本体側のロープの状態です。

全体的に縫製がきれいとは言い難い感じですが、すぐには潰れる感じには思えません。まあ、安物ですから我慢します。

ハンモックに乗ってみる

160cm50kgの中学生が乗った状態です。見た感じはちょうどの大きさです。

180cmの人まではきちんとハンモックに足先まで収まります。

ハンモックのベット部分がもっと長いほうがいいのかもしれませんが、これ以上長いとバルコニーに取り付けられなかったかもしれません。

ハンモックに包まれるて気分がいい

 ハンモックに乗っかると、ぐるんと包まれる感じです。

かといって、上部が空いているからか包まれていても暑いという感じでもありません。

これでもお尻がずいぶん下がっていますが、もっとロープを突っ張った状態でハンモックを固定した方がいいかもしれません。

重力に逆らっているわけではありませんが、ゆらゆらして寝るのは気持ちいいです。一度寝ちゃうとなかなか起きることができません。昼寝もほどほどにする必要があるので、要注意です。

気持ちいいので、今後は家の中に設置しようかなと思っています。

まとめ

着飾ったモルモット

ハンモックをバルコニーに取り付けたDIYレポートはいかがだったでしょうか。

今回、ハンモックがここまで安いとは思いませんでした。これなら場合によっては失敗してもいいやというレベルでした。といっても、しっかりした商品でしたので、特に不満はありません。

今回買ったハンモックは、2人用で固定ロープとカラビナ付きなので追加で購入するものがないのでとてもいい商品です。

ハンモックベルトセット 1~2人用 アウトドア ハンモック キャンプ 軽量 収納袋付 ソフトなコットン素材を採用 ハンモック 人気 耐荷重300kg

悩んでいる方はぜひとも購入してみてください。一番のネックは設置場所です。ハンモックの設置は簡単ですので、屋外で使ってみるのも手です。公園で昼寝したり本を読んだり、散歩の幅が広がります。

おすすめのアイテムです。