SSD換装できない原因解決の手がかりになれば

PC・家電等

うまくいかない

DELL Inspiron3647をSSDに換装しました。

実際は、簡単にできるのですが、ハマれば大変です。私がはまってあがいたことについて、レポートします。ハマっている方の何らかの手がかりになればと思います。

起動ディスクの設定(MBRとGPT)

SSDをGPTでフォーマットしてしまったことがハマった原因と考えて、これをGPTに切り替えることができるソフトウェアに行き着いた。

TestDisk

TestDiskは、ディスクパーティションを復旧したり、MBRを書き変えたりすることができるソフトウェアです。

これも、DOS的操作を必要とします。キーボードで操作してください。また、英語のみですが、簡単な英語だけです。

でも、私はこのソフトで復旧できませんでした。

実は、WindwosXpのときにソフトウェアを使ったことがあり、これで無事に復旧できたことがあります。多くの場合有効な手段であることには変わりないと思います。

Diskpart

コマンドプロンプトから起動ドライブを再設定できるソフトウェアである。ハードルが高いかもしれないが、実際はさほど難しくない。

コマンドプロンプトを立ち上げて、「diskpart」と入力して「Enterキー」を入れると実行できる。

コマンドプロンプトでは、通常マウス操作ではなく、キーボード操作のみになる。慣れるしかありません。DOSの時代はこれが普通でした。

別途コマンドプロンプトのウインドウ(DOS窓とは今は言わないのかな?)が開くので、そこでコマンド入力します。

コマンドは各種あります。

  • help コマンドの一覧を表示します。
  • list disk ディスクの一覧を表示します。
  • list partition パーティションの一覧を表示します。
  • select partition 0 パーティションを指定します。この場合は、パーティション0を選択します。
  • active 現在のパーティションをアクティブにします。

diskpartにより、起動ディスクとしてパーティションを設定できます。

昔、Windows98のときだったかな。ディスクを入れ替えたとき、これが原因で立ち上がらないことがありました。

今回の原因ではなかったのだが・・・

ストレージベンチマークソフトウェア TxBENCH

とにかく、GPTでフォーマットしてしまった起動ディスクをGPTに修正したいがためのもがきです。

「コントロールパネル」-「管理ツール」-「コンピューターの管理」-「ディスクの管理」でも初期化はできるが、MBRとGPTの指定ができない状態になってしまいました。ハマり度の深さはこれが一番だったかな。

で、もう一度、MBRで初期化するためには、ディスクを買った状態にするひつようがあるということで、りようしたのが、フリーソフトのストレージベンチマークソフトウェアTxBENCHです。

とにかく、データを消去するのに、ここまで苦労するとは・・・

しかし、Secure Eraseエラー!やっぱり壊れてるんじゃないのか?このSSDという疑惑。

結局、他でもエラーが出るので、基本技である「上書き消去」を実行しました。

それなりに時間がかかりましたが、今回は成功しました。

そして、スタートメニューから「コントロールパネル」-「管理ツール」-「コンピューターの管理」-「ディスクの管理」を覗いて、右クリックから初期化を選択すると、なんと成功した!!この一歩のなんと遠かったこと・・・

起動ドライブの設定

起動ドライブの指定ができていないと感じてもがいたことです。

Windows Boot Maneger

起動時に変な青い画面が出現・・・起動ドライブが壊れていたり、そもそも存在していない場合に出現すると考えられる。SSDだけで起動して失敗したときに出ました。
Windows Boot Maneger」を選択して、設定を試みました。

選択すると、下記オプションの選択画面が出現。マウスで選択できます。21世紀です。

「トラブルシューティング」を選択

「詳細オプション」を選択

「スタートアップ修復」を選択

「Windows10」を選択。壊れている(?)のにWindows10と指定してくれている。自分で分かっているのか?

しばらく診断してくれます。期待をもたせる画面なので、期待してしまいます。

見事、修復できませんでした。

Microsoftのこの手のソフトウェアで修復した試しがあるだろうか?と思います。

BIOS(UEFI)

上記Windows Boot Manegerでも「UEFIファームウェアの設定」を選択できますが、起動時に「F2」キーを連打することによってもこのBIOS(UEFIファームウェア)が立ち上がります。

なお、「UEFI」は、「Unified Extensible Firmware Interface」の略とのこと。通常は、BIOSの方がメジャーな呼び名だと思います。

立ち上がると、こんな画面です。キーボードしか使えません。20世紀からこのBIOSのインターフェースは進化がないなあと思います。

最下段のSATA InfometionにSATA0とSATA1の接続状況を見ることができます。

SATA1にSSDが接続されていることが分かります。少なくとも認識はしているが、立ち上がらない。

ということは、ハードウェアとしては壊れていないと判断できました。

ずーっとうまくいかないと、自分が悪いのではなく、機械が壊れている(私以外に責任転嫁)と思ってきだすので、精神衛生上目的に達するためにも選択肢を減らしていくためにもあがくことは必要な手段だと思います。

でも、立ち上がらない…

DELL ePSA(Pre-boot System Asessment)

いきなり、こんな感じにどうしようもない雰囲気の画面が出てきました。

PSA」なるものは知らないので、試したら、これまで見たことがない画面が出てきました。

DELLのマシンには、ハードウェアの状態を試験できるソフトウェアがついていたようです。HDDの温度なども表示されています。HDDに温度計なんかがついてたんだ。

チェックしてみると、うまくいくときがあるので、SSDが壊れてないと思ったり。

がっつり、エラーが出て、やっぱりこのSSDは壊れているんじゃないか?と疑いを持ったり。Hard Drive 0の試験だけクリアできません。
読んでもよくわからないエラーがレポートされています。

これで、SSDが壊れている。どうしたものかと思いつつ、データディスクとしては使えるので、何が悪いのかハマったという状態に(正式に?)陥りました。

原因

私の場合は、Windows起動パーティションのみをクローン化していたことが原因で、ディスク丸ごとのクローン化で成功しました。

いろんな方がいろんな原因で苦労していると思いますが、がんばりましょう!この苦労も次にハマったときの役に立ちます!たぶん・・・

ポイント

1 なんとかなるから諦めるな!



タイトルとURLをコピーしました