【簡単】DIYで赤錆を黒錆に変えて長持ちを目指す!

【簡単】DIYで赤錆を黒錆に変えて長持ちを目指す!

サビは困る

鉄は錆びます。

鉄を錆びさせないようにすることは、通常できません。

鉄は人工的に作られた不安定な状態なので、自然に安定した状態に戻ろうとするのです。

それがサビです。

錆びた状態が安定した状態なのです。

ここでいうサビがいわゆる赤錆です。

鉄は、時間が経過すると赤く錆びてボロボロになってきます。

でも、サビは困ります。

そのうち朽ちてボロボロになっては困ります。

黒錆とは?

赤錆が広がらないように、赤錆とは異なる黒錆ででコーティングしてしまえば、赤錆は広がりません。

なるほど。

簡単そうに思えます。

黒錆は、四酸化三鉄(Wikipedia)という化合物で赤錆とは別のサビです。

これでコーティングしてしまいます。

コーティングの方法は簡単です。

赤錆を黒錆に変えてしまう塗料があるのです。

それが、Holtsのサビチェンジャーです。

サビチェンジャーで簡単に黒錆を作る

Holtsのサビチェンジャーを買ってみました。

サビ取りすることなく赤錆の上から塗布することで黒錆化するという素晴らしい商品です。

小さな刷毛というか筆がセットで付いてきます。

内容量はわずか70gです。

少ないです。

大事に塗らないといけません。

原付きのサビがとても目立ちます。

なんとか長持ちさせたいものです。

マフラーに塗ってみました。

べったり塗っているように見えますが、そこまでべったり塗ったつもりはありません。

しばらくすると馴染んできたような気がします。

すでに黒錆化したのかな?

表面乾燥に1時間、完全乾燥に8時間を要するとのことですので、そこまで早く黒錆化することはないとは思いますが。

ここまで塗ってボトルの半分ほどしか使っていません。

70gは、いいぐらいの量なのかもしれません。

数日後の状態です。

一部は黒錆化しているような気がします。

赤錆のままのように見えるところはありますね。

改めて塗り直しが必要ですね。

塗装前後で並べてみました。

確かに黒錆化していないとは言えないレベルに黒錆化しています。

マフラーの先の蓋の根元あたりは、赤いとはいえ塗装前よりは遥かにいい状態に変わっています。

さらに重ね塗りをすることにします。

マフラーには使用不可

塗ったあとに、ホームページのよくある質問の存在に気づきました。

高温部には使用不可とのことです。

しかし、比較対象としてマフラーだけ写真を撮っていましたが、それ以外の場所も見違えるように黒くなっているんですよ。

末永く原付きに乗り続けるために、もう少し重ね塗りを試してみます。

まとめ

・黒錆でコーティングすることで赤錆を防ぐ

・簡単に塗ることができます。

・バイクのマフラーなどの高温部は使用不可