【陽朔】まさに風光明媚な街陽朔は美しい

【陽朔】まさに風光明媚な街陽朔は美しい

漓江くだりに便利な街が陽朔です

興坪から一番近い街が陽朔です。

バスで30分ほどです。

大都会桂林よりも中国を感じる地方都市「陽朔」で宿泊する方が楽しく安いですよ。

桂林より広州から近いし、ホテルは確実に安くてバリエーションも豊富です!

中国国内では、メジャーな観光地らしいです。

日本の一昔前のハネムーンの聖地である宮崎の青島や伊豆という感じと聞いたことがある。

※2019.11月の情報です。

【陽朔・興坪】絶景!漓江くだり(桂林川下り)はおすすめスポット

繁華街とポコポコ山が共存する街が陽朔

この景色は他の街とは全く異なる。

バスターミナルでさえも風光明媚である。

歩くだけで観光になる街は多いが、これほど風光明媚な街があるだろうか?

陽朔のホテルはなかなか快適

陽朔観光のベース基地としてバンブーハウスリゾートを予約していた。

しかし、この地図でさまようもなかなか見つからない。

このホテルはほんとにあるのか?というレベルで同じところをグルグルさまよった。

何度も通ったビール魚レストランの上にBamboo House Resortのネオンがあった。

ずっとレストランだと思って通り過ぎていたのだ。

上を向いて歩こうである。

レストランの奥にホテルのカウンターがある。

このホテルは、ネットで探してかなり安くて良さそうなので決めたのだ。

リゾートホテルながら、デラックスツイン2,547円、デラックスクイーン2,350円、エグゼグティブ2,425円というびっくり価格。

部屋はカードキーである。

リゾートホテルながら、部屋番号を逆さまに書くなどのお茶目さも兼ね備えている。

デラックスツイン2,547円の部屋である。

さすがはデラックスツインである。

部屋のど真ん中に風呂がある。

デラックスツインといいつつ、ダブルベットやん・・・

ジェットバスというか泡風呂といったことができそうな風呂である。

試行錯誤したが、電源が入らない・・・

このあたりはさすがである。

とりあえず、ベットが湿気るのも嫌だし、風呂はやめた。

シャワールームも付いていた。

使用するとしっかり床から水漏れである。

このあたりはさすがである。

ウオッシュレットも付いていた。

しかし、動作しない・・・

水も流れないぞ・・・

このあたりはさすがである。

便器の横側にフラッシュバルブのボタン発見。

人に聞かないと分からないレベルである。

奇想天外のリゾートホテルである。

デラックスツインのアメニティ

まあ、こんなところぐらいのもので、これ以外に特に問題はなかったので、私は満足であった。

中国では100%を求める方が悪いのだ。

アクシデントを楽しむことが求められる。

朝の陽朔

市場巡り

朝の市場巡りはその街の息吹を感じ取れるので大好きです。

市民がどんな生活をしているかを垣間見る。

日本とは異なるところを感じられるのも市場が最適であろう。

アヒルとカモの玉子

一度食べてみたい。

カモとニワトリと思われる。

超新鮮な肉。

青いたらいの方は、あんまりウナギっぽくない魚。

赤いたらいの方は、ドジョウかな?

超新鮮な鶏肉

かごの上でバラされる。

超新鮮である。

朝食その1

腹が減ったので朝飯を食う。

皮蚕痩肉粥 12元

朝はお粥を食べたいというツレのオーダー。

牛乳のような白濁スープはうまかったとのこと。

桂林米粉 10元

桂林名物ビーフンを注文したツレもうまかったとのこと。

焼鴨飯 20元

市場巡りをした私は、どうしてもカモを食べたくなたので、焼鴨飯と言う名の飯をオーダー。

骨も肉もぶった切りなので、食いにくい。

しかし、うまかった。

ちょっと高かったが。

といっても、大した値段ではないが・・・

やっぱり市場近くの飯屋はうまいのだ。

飯屋の前の風景

この街の景色はほんとにすごい。

桂林ではこの景色を味わえない。

朝食その2

お寝坊なツレが朝食はパンを食べたいと言うので2度めの朝食に付き合ってみた。

おしゃれなパン屋である。

さっきの市場とは世界があまりに違う。

といっても100mほどしか離れていない。

うまそうな調理パンが並ぶ。

バリエーションは豊富である。

ケーキが安いのだ。

買ってみたかったが、お腹いっぱいで諦めた。

海苔鴨肉巻

うーん。微妙なパン(?)である。

食べてみたいパンが多すぎる。

肉松巻

チーズ巻きの肉かな?

普通に美味しかった。

イートインコーナーは、インスタ好きの女子が好みそうな外観。

私達が体験したい中国っぽくない。

コーヒーを注文すると店の外から運んできた。

このあたりは結果第一の中国らしくていい。

しかし、このコーヒーだが、まずは開けにくい。

苦労して開けたのだが、今度は熱すぎて飲めない。

なかなかハードルが多い。

ちなみに、ロールケーキは、クリーム少なめだが、大きい。

普通に美味しかった。

小さいシュークリームは、生クリームがたくさん入っていた。

夜の陽朔

屋台

焼き豆腐の屋台が目立つ。

焼き豆腐は10元で6切れ入っていた。

香辛料の効いた麻婆豆腐のような感じ。

結構うまい。

街に繰り出して繁華街のレストランに入る。

桂林米粉を食するためにレストランへ

繁華街のレストランに入る。

しかし、地方都市といえども人が多い。

レストランはどこもいっぱいで探すのが大変だ。

桂林はビーフンが名物である。

焼きうどんチックなビーフンを頼んでみた。

うまかった。

焼き飯はハズレ無し。

豚まん

きのこ料理

餃子

夜の街歩き

陽朔のスターバックスもなんか雰囲気が違う。

インスタ映えを狙っているであろう提灯

今日は祭りか?と思うほどの提灯の数。

いつまで経っても人が減らない。

みんな、宵っ張りやね。