【広州】広州白雲空港内のホテルは格安航空とセットで快適

【広州】広州白雲空港内のホテルは格安航空とセットで快適

広州白雲空港内にビジネスホテルがある

賑わっているホテルのカウンター

夜中の1:00である。

こんな時間に到着する私もどうかと思うが、格安航空を使う人がいかに多いかということであろう。

早朝出発便まで寝るのなら、シャワーでも浴びたいなあと思い、ホテルに入ってみることにした。

時間単位の料金だてである。

ビジネスクラスなら時間あたり50元である。

この日は、3時間しか利用しなかったので、150元(2,500円ほど)である。

でも、デポジットも30元払ったと思う。

帰国する場合は、中国の金銭感覚が染み付いているので高いと感じるが、どうせ飛行機ではたいして眠れないということなら、この値段なら十分であろう。

さらに、シャワーとスマホの充電もできるとなれば、安いのではと思うが、いかがか?

チェックイン

カードキーである。

奥に個室がある。

かなり奥に広いのだ。

個室ではない利用も可能かもしれない。

ベット気分なので、奥へ進む。

手前の方にあったVIPルーム

VIPというほどの値段ではないので、一度は泊まってもいいかもしれない。

個室(ビジネスクラス)

結構、歩いて目的の部屋に到着

超狭いビジネスホテルという感じ。

寝台列車を彷彿させる。

寝るだけだから、このグレードであればまったく問題ない。

TVも大きめである。

スイッチすら入れていないが。

コンセント完備。

スマホの充電も可能。

当然、禁煙である。

奥に広いということが分かる。

部屋によるのだが、結構遠いなあと感じた。

スリッパあり。

私は嬉しい。

睡眠哲学がしっかりしているので、よく眠れる。

しかし、このハンガー掛けであるが、ハンガーがないのだ。

かなり残念・・・

シャワールーム

一番の目的であるシャワールームに行ってみる。

シャワーの温度や圧力は申し分なしである。

期待以上のパフォーマンスである。

ボディーシャンプーとヘアシャンプーは完備されているので安心。

コップもドライヤーも完備している。

思った以上に、サービスがいい。

シャワー室もカードキーに対応しているので、女性も安心です。

ちなみに、私の部屋の向かいには女性が泊まっていました。

結構、メジャーなホテルだったのかな?

まとめ

・ベットとシャワーは快適

・使える価格

・スマホの充電可能

・中国国内としては高めであるが、LCCに乗る前に疲れを取れる