ベランダの洗濯機のホコリ対策を機能的で格安に作ってみました

DIY・庭

ベランダの洗濯機はとにかく汚れる

家の中に洗濯機があれば、こんな悩みはないのでしょうね。

でも、現実はそんなに甘くありません。

洗濯機をベランダやバルコニーに置くしかない家はまだまだ多いと思います。

でも、外はやはりホコリが多くて、洗濯機はすぐにホコリだらけで汚れてしまいます。

そのため、洗濯槽の蓋を閉めておきたいのですが、そうすると洗濯槽がカビてしまいます。

さらに、錆びたり、変色したり、漏電したりとベランダの洗濯機は問題だらけなのです。

そんな問題に直面している人が多いので、洗濯機カバーという商品も販売されているわけですが・・・

市販の洗濯機カバーは、蓋を閉める前提である

当たり前ですが、洗濯機カバーは洗濯槽の蓋を閉めておく前提です。

当然ながら、閉め切った洗濯槽はカビの温床になってしまいます。

私が欲しいのは、そんなものじゃありません。

洗濯機に風を通しながら、ホコリを除けるという相矛盾したことができるものを探しているのです。

そこで、私が思いついたのは、傘です!

洗濯機を上からすっぽりとカバーしてしまえば、蓋を開けたままでもホコリが付くことを防ぐことができます。

また、洗濯機の使用時も簡単に脱着できるのです。

しかも、傘は安い!

壊れたら簡単に取り替えることができます。

少しでも長く使うために傘の補強が必要

破れそうなところは、ガムテープで補強します。

簡単です。

端っこと先端は破れやすいですからね。

このひと作業でかなり長持ちします。

裏です。

100均の傘だからか、端っこが破れてしまいました。

もう少しマシな傘を買ったほうがいいかもしれません・・・

はめてみました。

見た目にいい感じとは言い難いですが、通気とホコリ除けは完璧に両立しています。

また、多少の風でも飛んでいきません。

傘の軸が洗濯槽に入っているのが、またいい感じで安定しています。

デザインが気になる方は、傘をおしゃれに彩ってみてくださいね。

まとめ

・安い傘を洗濯機にかぶせるだけで換気とホコリ除けを両立

・少しの補強で長持ち

・安いので壊れても安心!