最新スマートホーム「MANOMA」がリリースされました

最新スマートホーム「MANOMA」がリリースされました

最新スマートホーム「MANOMA」

2018年10月にリリースしたばかりのソニーのサービスです。

ソニー独自のAIホームゲートウェイと室内コミュニケーションカメラが、安心で快適な生活を提供します。

スマートホームとは

よく聞くスマートホームですが、スマートホームとは、IoT(もののインターネット)やAIなどの技術を駆使して、住む人にとってより安全・安心で快適な暮らしを実現する住宅です。

多様なデバイス(機器)を組み合わせて、家の電化製品の制御など住む人のニーズに合わせた利便性を提供します。

現時点では、スマートスピーカーと連動して、声で家電が操作(スイッチのオンオフ・チャンネルの変更)ができるが代表的なものです。

自宅から数メートル離れると、自宅の全ての鍵がロックされるなど、セキュリティ面での活用もあります。

また、家族の見守りやエネルギーの管理などにも活用されています。

「MANOMA」でできること

家族・ペットの見守り

スマホを利用して在宅の子どもと会話ができます。

室内にはカメラも付いているので、画像で確認できるので安心です。

また、カメラは帰宅時にはシャッターを閉じるようになっているので、プライバシー面でも安心です。

このあたりは、ソニーの気づかいを感じますね。


おうちの防犯

解錠などの以上を検知し、アプリに通知します。また、警報音で侵入者を威嚇します。

もしものときには、セコムが駆けつけます。

異常時には画像をクラウドに保存するので、証拠を逃しません。


おうちのことをお手伝い

音声による家電のコントロールが可能です。

また、外出先からのコントロールも可能です。

さらに、不在時でも家事代行などのサービスを受けることができます。

「MANOMA」を導入するために必要なもの

AIホームゲートウェイ

まずは、AIホームゲートウェイが必要です。

スマートホームの基幹ととなる機器です。



室内コミュニケーションカメラ

見守りには必須の機器です。

スマート家電リモコン

このリモコンで家電を操作します。

開閉センサなど

解錠検知などには、開閉センサがそれぞれ必要になります。

スマートホームのこれから

ソニーが参入したことにより、導入が加速するのではないかと思います。

声ですべてを操作できるなんて、とても楽で素晴らしいですね。

さらに、セキュリティでも利点があるので、導入が進んでいくと感じます。